社会福祉協議会とは

一関市社会福祉協議会の理念

一関市社会福祉協議会では、『支え合い 幸せ感じる 地域の暮らし』を基本理念に掲げ、地域福祉の推進に取り組んでいます。福祉は、みんなで支え合うという一人ひとりの「思いやり」と「助け合い」の結の心を育むことと同時に、誰もが福祉の担い手であり、福祉の受け手であることを認めあう地域づくりを目指しています。

「福祉のまちづくり」をめざした活動をおこなっています

社会福祉協議会は、地域福祉の推進を目的として各市町村に設置されている社会福祉法人の民間団体です。社会福祉法に基づき設置されています。皆さんには、「社協」の略称で知られています。

社協は、地域に暮らす皆さん、民生委員・児童委員、社会福祉法人・福祉施設等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざしたさまざまな活動を行っています。

例えば、生活相談事業、ボランティアや市民活動の支援、地域の方が気軽に集えるサロン活動の支援のほか、高齢者や障がい者の在宅生活を支援するためのホームヘルプサービス(訪問介護)などの福祉サービス、共同募金運動への協力など、市全域の取り組みから地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。

活動財源

社協の活動財源は、市民の皆様からの社協会費(正会員[1世帯年額]1,000円)赤い羽根共同募金の配分金、市からの補助金、委託金等を財源として活動しています。