法人連携の取り組み

カテゴリー一覧

社会福祉法人職員による福祉教育の推進(一関・厳美中学校)

キーワード :

社会福祉法人連携の取り組みとして、社会福祉法人の職員を講師に依頼し、福祉教育を進めています。(現在は一部の社会福祉法人の協力による試行的な取り組み)


新型コロナウイルス感染症の影響により、例年行っていた高齢者施設の利用者様との交流の機会が無くなったのですが、交流を絶やさぬようにすることもあり、今回は厳美中学校3年生の福祉教育の指導に、社会福祉法人柏寿会の特別養護老人ホーム福光園から職員を講師を派遣いただきました。

講師の特別養護老人ホーム福光園園長の菅原甚吾さん、介護福祉士の佐藤優香さん、岡本奈々さんには、特別養護老人ホームの施設紹介と、車いすの仕組みや操作方法について、ご指導をいただきました。
また、職員への質問コーナーも設けていただき、福祉の仕事に就いたきっかけや福光園を選んだ理由、資格取得までの流れなどを教えていただきました。

参加した生徒は、体験を通して、安全な車いすの操作方法や声がけの仕方などについて学んだほか、将来に向けて進路を考える機会となりました。

今後も社会福祉法人が、福祉専門職としての役割を活かし、可能な範囲で地域貢献を進めていくことが大切ですので、社会福祉協議会はその繋ぎ役としての役割を果たしていきたいと思います。

 

 

暮らしの相談

一関市社会福祉協議会では、日常生活での様々なサポート・アドバイスを行っております